2月29日(土) 

三田学園高等学校卒業式に来賓として参列させていただきました。

今年度の卒業式は、新型コロナウイルスの感染拡大、それに伴う政府の休校要請等

の影響で規模を縮小しての開催となりました。

 

例年と違い、卒業証書はクラス代表のみへの授与となり、在校生の参列は、現生徒

会長のみ。また、吹奏楽部の演奏、校歌斉唱、来賓挨拶なども無くなりました。

プログラムは縮小されましたが、素晴らしい送辞・答辞、また皆勤者・精勤者の

人数の多さに充実した学生生活を送れた生徒の多いことが伝わってきました。

 生徒が退場していく時、最後列の女生徒5〜6人が手をつなぎ、とても明るく爽

やかな大きな声で『ありがとうございました!!』と言って深くお辞儀をし退場して

行きました。『ありがとうございました!!』の言葉の中に彼女達だけでなく学年皆

の気持ちが詰まっている気がし、なぜか涙が出て止まりませんでした。

 

 卒業生にとって、また、先生方や私たち保護者にとっても忘れることのできない

卒業式となりましたが、将来笑いながら話せる思い出になることを願っています。

 

 

---卒業生保護者の皆様---

ご卒業おめでとうございます。

これまで、育友会活動にご協力いただきありがとうございました。

 

また、ご不要になりました制服がございましたら、リサイクル活動にご協力をお願

いいたします。

 

 

 

コメント
コメントする